別れ話をする場所にレンタルルームが最適な理由

よく見かける別れ話のシーン

駅の改札や地下街、喫茶店やファミレスなどで、異様な雰囲気で話し合っている男女を見かけたことはないでしょうか?

お互い睨みあったり、女性が泣き出したり、男性がうろたえたり、感情的になったり、など、明らかに単なるケンカとは思えない光景を見かける事ってたまにありますよね?

これらは、恋人や不倫・社内恋愛といった男女の関係を終わらせたいカップルが、別れ話をしているシーンなのです。

別れ話は、

  • ●別れを告げられた側が、泣いたり、うろたえたり、感情的になったりする。
  • ●別れを告げられた側が別れる理由に納得してくれず、説得が長時間にも及ぶ。

といった状況に陥りやすく、特に不倫や社内恋愛のカップルの別れ話は、細心の注意を払い、人目に付かないような場所でしなければなりません。

別れ話は、いつでもどこでも出来る話し合いでないのはもちろんのこと、場所やタイミングが限られることに加え、念入りな準備も必要とする非常に難易度の高いプレゼンテーションでもあるのです。

絶対にしてはいけない別れ方とは?

別れ話には、これといったルールがあるわけではありませんが、切り出し方、告げ方、話す内容などを誤ると、職場・家族・友人といったあなたにとって大切な人間関係に害を及ぼし兼ねません。

特に社内恋愛や不倫などの場合には、相手を怒らせたり、恨みを買われたりすると、周囲に事実と反した内容を言いふらされ、社内でのあなたの地位が脅かされたり、家族にばらされたり、ストーカーになってしまう、といった事態に発展してしまう恐れもあります。

場合によっては辞職や離婚といった最悪の事態を招いてしまうことも珍しくはないので、相手に別れを告げる前に、しっかり準備して、万全の体制で臨むようにしましょう。

ここではまず参考までに、別れ話をするときに、絶対にしてはいけないNG行為をいくつか紹介いたします。

不謹慎な場所や人通りの多い場所での別れ話はNG

関係の深い男女が訪れるラブホテルや、人通りが多い駅前などでの別れ話は、不謹慎ですし、デリカシーがないと言わざるを得ません。

人通りが多い駅前などでは、別れを告げられる側は、自身は恥さらしになっているのはもちろんのこと、周囲に人が多い場所では声を出して言いたいことも言えません。

ましてや行為を済ませた後のラブホテルでの別れ話は、最低のNG行為と捉えられ、恨まれるどころか、二人を知る知人や友人、特に異性からは、後々まで軽蔑のまなざしで見られることとなるでしょう。

相手を傷つけるような言動もNG

別れたらもう会うこともないだろうし・・という安易な考えで、相手を深く傷つけるようなことを言ってしまうのものNGです。

別れを告げられた側が泣き出してしまい、説得が長時間に及んだり、相手を怒らせ、感情的にしてしまったりすると、暴力を振るわれるリスクも高まるので、非常に危険です。

前触れ無しで別れを告げるのもNG

特定の交際相手がいるのにも関わらず、突然、別の異性が自分の前に表れ、好きになってしまう、思いがけない異性に言い寄られる、といったケースに遭遇したことはないでしょうか?

運命的な出会いに、新鮮さや刺激を感じてしまうことはごくごく自然のことだと思います。

だからといって、新たなパートナーとの交際を始めるために、今交際している相手に、いきなり別れを告げる行為も絶対にNGです。

本人に全く身に覚えもないし、落ち度を感じることがないのにも関わらず、突然切り出される別れ話のインパクトは想像以上です。

別れを告げられた側は、パニックに陥ってしまうため、冷静に判断することが出来なくなってしまいます。

別れをうまく伝えるための秘訣

別れ話は手段を誤ると、相手の怒りや反感を買い、仕返しや嫌がらせといった被害を受けることも珍しくはありません。

それでは、自分に被害が及ばないように、別れ話をするにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、相手にうまく別れを伝えるための秘訣をいくつかご紹介します。

別れが近い事を察してもらう

突然の別れ話による最悪の事態を避けるためにも、別れ話は別れると決めた直後に行うのではなく、連絡や会う回数を徐々に減らすなどして、まずはこちらの気持ちが冷めつつあることを察してもらえるような行動をじゅうぶんにとってからするようにしましょう。

相手に納得してもらえる理由をキチンと説明する

男女関係が終わりを迎える別れ話において、告げられた側としては、自分が不要になったから捨てられる・代わりがいるから交換される、といった感覚に陥りがちです。

別れ話は、相手に別れを告げるだけでなく、相手が納得ができる理由も説明する必要があります。

もし他に好きな人ができてしまった場合にも、どうせ別れるのだから・・といった考えのもと、正直に理由を説明したり、相手が嫌がるようなことを指摘したりするのではなく、性格や価値観の不一致・経済や家庭・仕事の事情・自身の健康状態などを理由にするのが無難です。

別れ話にぴったりな場所とは?

これまで紹介した”別れ話のNG行為”や”別れをうまく伝えるための秘訣”で触れているように、別れ話の行く末は、事前の行動と落ち着いて話ができる場所にかかっているといっても過言ではありません。

ここでは、別れ話をするときによく選択される場所をいくつか紹介します。

ラブホテル

不倫や社内恋愛のカップルは、職場の同僚や知人の見られるわけにはいかないので、デートの大半がラブホテルでの密会になります。

ラブホテルは個室で静かで落ち着いているので、別れ話をするには最適な場所かもしれませんが、別れ話をするのは非常に不謹慎なので、別の場所を選択するようにしましょう。

喫茶店

一般的なカップルが別れ話をする場所によく選ぶのが喫茶店です。

チェーン展開しているリーズナブルな喫茶店とかではなくて、客席の間取りや雰囲気を大切にしている個人経営の喫茶店をお勧めしますが、
どうしても店員やお客さんなどの周囲の目が気になってしまいます。

適度な静かさも保っているため、小声で話さなければならない、といったことも配慮しなければなりません。

公園

街中にある小さい公園などではなく、ある程度の広さと樹木など、視界を遮る障害物がある公園は別れ話にお勧めです。

ただし、人が突然現れたりすることもあるので、周囲を全く気にせずに別れ話に集中できるとは言い切れません。

レンタルルーム

時間単位で借りることができる多目的用途に対応した個室です。

簡易的ではあるものの、宿泊設備を備えているため、時間を気にする事なく別れ話に集中でき、
また防音対策も施されているのでエキサイトした会話も多少であれば、周囲に迷惑をかけてしまう心配もありません。

料金もラブホテルやビジネスホテルよりリーズナブルです。

別れ話をするのにレンタルルームが最適な理由

別れ話をする場所を選ぶポイントとして、

  • ●周囲の目線を気にせずに済む。
  • ●静かに落ち着いて話し合える。
  • ●別れ話の内容が周囲に聞こえない。
  • ●友人や知人に会う心配をしなくて済む。
  • ●長時間留まる事ができる。
  • ●ラブホテルとは違って、利用目的が健全なイメージの個室。

などが挙げられます。

これらの条件と照らし合わせた上で、別れ話をするのにぜひお勧めしたいのが、レンタルルームです。

レンタルルームとは、時間単位で利用可能な多目的用途に対応した個室のことで、東京の新橋などでは、多くのビジネスマンやサラリーマンに利用されています。

レンタルルームは、

  • ●防音対策が施された個室を時間単位で利用可能。
  • ●利用料金がリーズナブル。しかも精算は部屋単位なので、2人で利用しても料金は据置。
  • ●立地が駅の近くの雑居ビルの中などのため、知人や職場の同僚に見られても、浮気や不倫を疑われずに済む。
  • ●利用用途が簡易宿泊、待ち合わせ、打合せ、など、ラブホテルなどと違って健全。
  • ●事前予約、延長も可能。

といった特徴を有しており、新橋などの歓楽街では、不倫や社内恋愛といったワケありカップル達が別れ話をする際によく利用されています。

まとめ

相手に別れを告げる”別れ話”が想像以上に難しく、慎重に対処しなければ、自分に害が及んでしまう、ということをご理解頂けたでしょうか?

別れ話では、話すタイミングや内容も重要ですが、何より2人が会う最後の場所をどこにするか?という事の方が重要です。

別れを告げられた相手に、嫌がらせを受けたりしないためにも、静かで、落ち着いて、話し合いができるレンタルルームをぜひ利用してみては如何でしょうか?

新橋でおすすめのラブホテル・レンタルルーム5選